相続・遺言マニュアル

Topics

弁護士法人 一宮総合法律事務所

住所: 愛知県一宮市神山1-1-6
のむらビル3階アクセス
営業: 平日AM9:30~PM5:30
休日: (土日、祝日休み)
TEL: 0586-43-3800

営業エリア

名古屋市・一宮市・稲沢市・江南市・岩倉市・北名古屋市・清須市・小牧市・扶桑町・大口町・犬山市・春日井市・豊山町・大治町・津島市・あま市・愛西市

岐阜市・岐南町・笠松町・各務原市・羽島市・大垣市・瑞穂市・安八町・輪之内町・養老町・海津市・関市・美濃市

愛知県・岐阜県・三重県その他

HOME >> 相続・遺言マニュアル >> 遺言執行者

遺言執行者

遺言執行者とは遺言を執行する権限を持っている者のことをいい、遺言執行者は相続人の代理人とみなされます(民法1015条)。

遺言執行者の指定

遺言者は、遺言執行者を指定することや、遺言執行者を決めることを委託することができます(民法1006条)。この遺言執行者に指定された人は、相続財産の管理や、その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を持つことになります(民法1012条)。したがって、遺言執行者がいる場合には、相続人といえども、相続財産の処分その他遺言の執行を妨げるべき行為をすることはできません(民法1013条)。
遺言執行者が遺言で指定されていない場合でも、相続人や受遺者などの利害関係人が請求すれば、家庭裁判所が選任します(民法1010条)。

遺言の執行

遺言執行者は具体的には、相続財産目録の作成や不動産の所有権移転登記手続き、銀行預金の名義変更、子の認知、相続人の廃除の申立て等遺言の執行に必要な行為を行います。

なお、遺言で遺言執行者が指定されていても、指定された人は受任を断ることもできます。

遺言執行者の受任を断られれば、遺言執行者なしで相続人のみで遺産分割協議をおこなっても構いません。

しかし、子の認知と相続人の廃除は、遺言執行者だけが家庭裁判所への申立てを許されています。したがって、子の認知と相続人の廃除を行うためにはまず家庭裁判所に遺言執行者の選任を請求しなければなりません。

ご相談・お問合せはこちらから

0586-43-3800

受付時間:平日AM9:30~PM5:30 休日もご相談できる場合がございます。詳しくはお問合せ下さい。

ページトップ